FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロキャンセラー

kurisu.png
ちょっくら休憩
とりあえず鈴羽EDクリアしました
以下ネタバレと個人的感想にご注意ください
まさしく時をかけるオカリン
最初は自分もまゆりの死に納得が出来なかったので「跳べよおおおおお!!!」での展開では胸が熱くなった
けれどそもそもまゆりの死に至るまでの過程が、なんだかいかにもやばい展開になるフラグビンビン立ちすぎてて、主人公が登場人物にホイホイDメールを使わせる辺りでなんだかもう逃げ出したい気分に陥っていた
つまり自分と主人公の気持ちがシンクロしてなかったのである
これは岡部倫太郎主観の物語、と、ラボメンのことも割り切れれば良いけどそうする覚悟もなければ
自分が岡部倫太郎としてこの先何度失敗しても未来を修正する、過去もやり直す、という覚悟も生まれてこない
つまり私は意気地なしなのである
鈴羽EDは一種の逃げであるかもしれない
が、この選択肢も自分にとってはとても辛く、どうあがいても結果が見えてしまうような気がして…
自分がリーダーだからラボメンの事は守る、修正された出来事も自分が背負う、という主人公の姿勢は素晴らしいと思う
私にはとてもじゃないが出来ない、覚悟が無い
この矛盾点が今後どうゲーム進行に影響が出るか出ないかは未だ未知数
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。